集客力アップ

[やりたい仕事の依頼が来る販促ツール]フリーランスクリエイターの公式ホームページの必要性

 

以前、
撮影現場で、ホームページの話になりました。

意外と、料理家さんとかカメラマンさんて、
SMSもやってない、ホームページももってない
という方、多いんですよね。

もう、すでに実績がちゃんとあって紹介でお仕事のご依頼もあるし
必要性が無いとか、ニガテだからやってないとかが多そうです。

逆に、
まだ実績が少ない人は、SNSやホームページを活用していくのって大事です。
新規の人の場合はホームページチェックするって出版社の編集担当の方も言ってました。

 

 

ということで、

フリーランスで、デザイナー・イラストレーター・カメラマン、
フードコーディネーターやフラワーデザイナーなど、

クリエイティブな仕事ををしていて、自分のホームページってほんとに必要かな?と思っている方に向けた、ホームページの必要性についての記事です。

 

ホームページの役割とは

ホームページは検索でみつけてもらえることと、自宅にいながら自分がやりたい仕事に向けてPRしていけるのが最大のメリットです。

すでに活躍してる人は、その実績を確認してもらえるしポートフォリオがわりに口コミ・検討をしてもらえるツールになります。

 

フリーランスで活動しているクリエイターがホームページを持っているということは・・・

自分がいない場所でしっかりと自分の良さをアピールしてくれて、連絡も営業もかけてないのにクライアントが比較検討資材として使ってくれて、連絡も営業もかけてないのにクライアントに良さが伝わって、ホームページ上で大体の条件が合いそうだとなれば、社内検討して、実際に問い合せや仕事の依頼が来る。

ということです。

  • 自分がいない場所で自分のしてほしい営業活動をしてくれる
  • 営業をかけていないクライアントや人が紹介してくれたクライアントが、事前に他社と比較検討してくれる
  • 自分の良さがしっかりと伝わる
  • クライアントが事前に仕事の依頼条件などを考え、社内検討などをすすめられる
  • 依頼前提でのお問い合わせや仕事の依頼が来る

お仕事を頼みたいクライアントは、
ホームページみて検討してくださって、ほぼ依頼確定で問い合せや依頼の連絡をくれます。

ホームページは、個人が企業からの仕事の依頼を受けるなら持っていた方が良いです
また、個人の人に向けてサービスをしている教室(音楽教室・英会話教室等)も見込み客からの『信頼』につながるのでホームページがあることでのメリットは大きいです。

 

自分がやりたい仕事の依頼がくる仕組みが作れる!

実は、自分の公式サイトで、自分がやりたい仕事が来るような仕組みづくりをすることで、
やりたい仕事の依頼につながる導線をつくることが可能です。

どんな土俵でお仕事をしているのか?
どんな仕事がしたいのか?
今後はどんな世界で仕事がしたいのか?

ということを考えてホームページを構築することで、
自分がやりたい仕事の依頼を受ける流れを作ることができるので、上手く活用することでちゃんと仕事につなげることができます。

 

ちなみに、わたしはそうしたことで、
現在は、独立前にはしていなかったジャンルの仕事をプロとして依頼を受けています。

ちなみに、
どんな実績があるのか、ホームページに掲載することって大事。
『実績がない』なら、作ればいいので^^

あわせて読みたい
実績の作り方。 まだこれから仕事をしていくぞ、というときに、 アウトプットできる媒体にしっかり実績を掲載することって、大事です。 ホ...

 

これから新しいジャンルの仕事もしたいとおもったらこちらの記事もおすすめ↓

あわせて読みたい
営業無しでも企業から理想の仕事の依頼がくるホームページとは? 理想のお仕事がホームページからきました。 ありがとう!!!!! グーグル先生! ありがとう!!...
あわせて読みたい
好きを仕事に!30代・主婦・未経験でクリエイター(デザイナー・イラストレーター・作家・料理家・お菓子教室講師・フラワーデザイナー etc)になる方法好きな事を仕事にしたい!夢を叶えたい!クリエイティブな仕事がしたい! 30代って、20代までにやって来た事・やり残して来た事・これ...

 

依頼につながるホームページとは?

ホームページから依頼がくるためには、いくつかポイントがあります。
伝えるべき内容をちゃんと伝わるように見せていかないといけません。

依頼につながるホームページとはどんなホームページかというと・・・

  • 信頼感がある
  • 事業内容・事業実績が明確
  • クリエイターのプロフィールがしっかりしている
  • ブランディングされている
  • 導線がわかりやすい(依頼したいクライアントが見たいものを見せてる)

 

ホームページも、だだの販促ツールの一つにすぎません。
魔法のツールでは決してありません。

必要かどうか?は、活用する気があるかどうか?ということと同じかなと思います。

たとえば、対面の営業が得意で、かつ、力を入れて、仕事を広げていこう!と、思うのなら、名刺とリーフレットのクオリティを上げるべきかもしれないですよね。

ホームページって、『信頼感』を得るものでもあります。

わたしの場合は、実は営業は対面が得意なのだけど、今はまだ子供も小さいし、使える時間が限られているので、ホームページを活用しつつ、常に見直しながら、ちゃんと仕事に活用したいとおもってるタイプ。

仕事の幅は、常に広くみていたいとおもっています。

素人感の無いプロとして信頼できるサイト作りを

各販促ツールのクオリティは常に高くしておいて、自分がやりたい仕事につながるような見せ方をしておくこともとても大事です。クライアントにどんな『期待』をしてもらいたいのかを考えて、プロとして信頼できるサイト作りをしましょう。

ホームページづくりは地味に時間がかかる作業ですので、
独立前など初期の時間のあるときに作り始めるのもおすすめです。

わたしは独立準備期間中にホームページを作りながら、自分の方向性を固めていきました。実際に活用しながら気軽に育てられるのがワードプレスのホームページのよいとこです。

 

ホームページはWordPressでの自作がおすすめ!

ホームページをつくるなら、WordPressが断然おすすめです。
クオリティの高いホームページがあっという間に完成するからです。
そして、専門知識が無くても、自分で作れて自分で更新できるのもメリットです。

事業内容や、自社コンセプトなどは地味に変更がありますし、
仕事につなげるホームページにするためには、日々活用し更新することが必須となります。

それが可能なのがWordPressというホームページづくりのシステム。
最初のとっかかりは少し難しいかもしれませんが、
慣れてしまえばなんとか大丈夫。

勉強して新しいことが自分でできるようになることは自分の「強み」が増えることになります。

 

WordPressサイトのざっくりとした制作の流れ

WordPressは、独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて、インターネット上に自分のブログシステムを構築した”自分の持ち家”を作るイメージ。
アメブロやはてなブログなどは、運営会社のセッティングしているブログシステムを無料で借りて運営する”集合住宅”のイメージです。

自分の持ち家としてサイトを立ち上げることのメリットは、自由度が高いこと。
その自由度を活用して、自分の打ち出したいサイトの構築が自分で出来て、手間を少なく自分で更新し続けて運営し続けるホームページを手に入れられます。

では、実際にはどんな作業が必要なのか、ざっくりとしてWordPressでの公式サイトを作る手順の流れを見てみましょう!

step1:サイトの企画を立てる

どんなホームページを作るべきか?という、目的にあったホームページにするためにホームページの企画を立てます。ブランディング・イメージ戦略・掲載素材の用意などをすすめます。

『はじめてのWEBデザイン企画編』はこちらの記事でご紹介しています。

URL(準備中)

step2:ドメイン契約

まずはドメインを取得します。独自ドメインとはサイトのURLのこと。
●●.comや●●.netなどです。

わたしは格安ドメイン取得サービス─ムームードメインで独自ドメインを取得しています。安い・明快・安心で、おすすめです。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

step3:サーバー契約

次に、サーバーをレンタルします。
公式サイトにするのにおすすめのサーバーは、ロリポップ!が簡単で安いので断然おすすめ。現在はSSL化も無料でできます。

ロリポップ!なら月々100円(税抜)から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ! 

step4:テーマのインストール

そして、WordPressのサイトをつくるには『テーマ』と言われるテンプレートデータ必要になります。有料のものから無料のものまでありますが、

ポイントは『内部SEO対策済』『日本語テーマ』です。
使用テーマの準備(購入または無料のテーマのDL)をしたら、インストールします。

WordPressをインストールしたらさまざまな基本設定(サイトのSSL化・プラグインのインストール・各種設定など)を進めていきます。

おすすめのWordPressテーマはこちらの記事でご紹介しています。

URL(準備中)

▶︎step2〜step4までの、ムームードメインとロリポップでつくるWordPressのホームページの作り方はこちらの記事で詳しく説明しています。

URL(準備中)

 

step5:ホームページのトップページ・各種ページを作り込む

WEBサイトが完成したら、見込み客となるクライアントがどういう導線で仕事を依頼するか?を考えて、トップページと各種ページを作り込み、ホームページ内の回遊導線を構築します。

簡単に言うと、

  • 仕事を依頼するために必要なページをスムーズに見てもらう
  • 自分や自分の実績を興味深く見てもらえるようにする

ということを考えて、何をどうみせるか?を考えてリンクやページに仕掛けていきましょう。

公式サイトの場合はトップページも大事です。
トップページやグローバルメニューなどを上手く使って、サイトを見やすく分かりやすく構築します。

 

 

おしゃれで可愛いのに成果につながる販促ツール

\Word & Pagesで画像とテキストを差し替えるだけ/
見本にならって売れる要素を盛り込める!
チラシやリーフレットのデザインテンプレート販売中
Desin shop picot☆